「写真にもカテゴリーがある」という話

私、写真はよく撮るのにインスタはやっていません。インスタユーザーのスマホを拝借して眺めてみると、見ごとにキマった写真が並んでいます。しかし私としては、誰かに見せるためというよりは、自分の記憶の補完として撮影しています。だからインスタジェニ…

「正義」なんて視点でしかないって分かってる?

「嫌いなものは?」と聞かれたら、迷わず「“偽善”です」と答えるようにしています(本当は空気を読んでから判断します)。煽り気味のタイトルで失礼します。 突然ですが、絶対的な正義なんて存在しません。アメリカがテロに遭い、正義を掲げてイラクに戦争を…

「普通の人」と「変わった人」は何が違うのか

とうとう更新が一週間以上空いてしまいました。最初の目標は1日1本、それが週に2〜3本になり、今では「できるだけ更新しよう」という感じです。目標は高く持ちましょう。 先ほど、「普通の人なんていない」なんてことをおっしゃってる方がいたので、それについ…

【書評】『トウガラシの世界史』〜世界で愛されるピリピリの由来

トウガラシの世界史 - 辛くて熱い「食卓革命」 (中公新書)作者: 山本紀夫出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2016/02/24メディア: 新書この商品を含むブログ (9件) を見る Kindle版がないのは残念だが、久しぶりに中公新書を楽しく読めたので紹介したい。…

私の電話遍歴

電話嫌い歴15年の谷です。この年月の長さに免じて、電話越しに伝わるぶっきらぼうをどうか許していただきたい。喜べるのは、好きな人からか(いつでもOK。最優先事項です)、親しき人からの久しぶりの電話くらいなものです(あくまで「久しぶり」。頻度が高い…

【書評】『モチベーション3.0』~なんのためのに働くのか

モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか (講談社+α文庫) 作者: ダニエル・ピンク,大前研一 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2015/11/20 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) を見る 本書は人間の仕事に対する“やる気!”をいかに引…

「好き」と「良い」の違いを知ると理解が深まります。いろいろと

ブログを再開してSNS利用時間が減った谷です。もう少し実のあるアウトプットを、という心がけが芽生えてきました。 女子たちに「これ良くない!?」とか言われると、「いや、良いかと言われるとそんな気もするけど、もう少し検討してみなきゃ分からないかな…

ブラハラで起こる無自覚的差別を罵る回

気がついたら前回の更新がはるか昔であることなんて珍しくもないこと。むしろ一週間も空かなかったことを祝福したい谷です。 血液型性格診断を信じている人って、なんで根拠もないのにあんなに自信満々なんでしょう。「え、A型でしょう?」とか当たり前のよ…

【書評】『騎士団長殺し』〜輪廻する業

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編作者: 村上春樹出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2017/02/24メディア: 単行本この商品を含むブログ (58件) を見る 騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編作者: 村上春樹出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2017/02/24メディ…

科学の見解が「考え方の一つ」という風潮

節子、それ科学やない...! 進化論がトルコの教科書から外されることに|ギズモード・ジャパン 昨日のギズモードの記事ですが、タイトルの通りです。 教科書に載せないと言っても、自然淘汰とか複雑すぎるし、大学に行くまでは難しいから教えないでおこう、…

【書評】『依存症ビジネス「廃人」製造社会の真実』〜きっかけはすぐそこにある

依存症ビジネス――「廃人」製造社会の真実作者: デイミアン・トンプソン,中里京子出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2014/10/10メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (11件) を見る 自分は依存症とは無縁だと思っている人は意外に多い…